• お仕事検索
  • 利用者の体験談
  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
トラストのスタッフが更新中! 派遣豆知識&ブログ 現場から 配信

“M-1グランプリ”の予選に足を運ぶほど大好き♪な、お笑いの話。

カテゴリー:ブログ

掲載日:2016/11/02

私はお笑いを見ることが趣味で、最近はよく劇場へ足を運び、生のお笑いをよく見ています。
先日、M1グランプリ2016の一回戦を観覧しました。
M1グランプリとは漫才の日本一を決める大会で、結成15年以下でしたらアマチュアの方でも出場することができます。
芸人さん、特に漫才師の方々にとって人生を変える一年に一度の大きなチャンスです。熱い思いが伝わってきます!

%e3%81%8a%e7%ac%91%e3%81%84

決勝へ出場することができるのは敗者復活を含む9組で、その様子は毎年テレビで放送されています。
しかし、決勝への道のりは簡単ではなく、一回戦、二回戦、三回戦、準々決勝、準決勝を経てようやく辿り着くことができるのです。

この日は約100組が出場されました。
アマチュアの方、フリーの芸人さん、養成所を出たばかりで結成したばかりの芸人さん、芸歴10年以上の芸人さん、様々な方がエントリー料2000円を支払い、2分間という限られた時間で練習の成果を披露されます。条件は全員同じです。

私が会場へ到着すると、既に満席。途中の入退場は自由のため帰られるお客さんを待ち、40分ほど経ってからの入場となりました。
繰り返しになりますが、出場される方にはアマチュアの方もいます。言い辛いのですが、一度も会場が盛り上がることなく漫才を終える方も多くいます。

そのような重い空気が続く中で登場されたのは、全身ピンクのスーツに身を纏った50代くらいのおじさん二人組。おそらく思い出作り半分のつもりで出場されたのかな?という目で見ていたのですが、派手な見た目と陽気なお二人の軽快な掛け合いによって次々に笑いは生まれていきます。そして唐突にスーツについているバッジを指差してこう言いました。
「こんな見た目ですが実は私たち、○○県○○市の現役市議会議員をしております」
陽気なおじさんというイメージと市議会議員というギャップで会場は大揺れ、拍手笑いが起き、漫才の声が聞こえない程の爆笑に包まれました。おそらくこの日一番の笑いを取っていたのはこのお二人でした。
後日お二人のブログも拝見したのですが、お笑いを通して○○市を知ってほしいという思いで3年ほど前から漫才をされているそうです!

この日は出場者105組のうち25組が二回戦へ進出することとなりました。大ウケだった市議会議員のお二人は当然のように通過していました!
出場されていた方々の漫才による笑いと活力で、私も元気を分けていただきました!

総務部 Y

ちなみに、M1グランプリ2016 準々決勝が11月6日(東京会場)、11月7日(大阪会場)で開催されます!楽しみです♪

  • いいね!
  • つぶやく

記事一覧へ戻る