• お仕事検索
  • 利用者の体験談
  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
トラストのスタッフが更新中! 派遣豆知識&ブログ 現場から 配信

職業紹介ビジネスのはじまりは、なんと徳川四台将軍家綱さまの時代だった!?

カテゴリー:ブログ

掲載日:2017/02/15

職業紹介ビジネスの元祖は、江戸の木挽(こびき)町で医師をしていた大和(やまと)慶安(けいあん)という人物だと言われています。
徳川四代将軍家綱の時代で、1652年前後(承応年間)のことです。
慶安は世話好きで、患者から婚姻の仲介や奉公人の斡旋を頼まれることが多く、本業の医師より副業の斡旋の方が忙しくなり、それに専念するようになりました。
昭和の初めまで、営利職業紹介のことを「桂庵」と呼んでいたのは、この慶安の名から出たといわれています。

その後、戦国の世から江戸の泰平へと時代が移り変わり、社会のインフラ整備が始まり、戦闘員でもなく、農作業者でもない人材の需要が高まり、人材の供給を行なう「手配師」と呼ばれる人々や組織ができ始めました。
都市に流入する失業者と公共事業を結びつける手配師は、まさに時流に乗った業界だったのでしょう。

手配師は公共工事だけでなく、様々な職種に幅を広げていきます。

都市部の物流を担う港も慢性的な人材不足で、港湾荷役労働者=沖仲仕を取り仕切る手配師が活躍するようになりました。

町では人口増加と火事により、慢性的な家屋不足で大工や鳶の権威が強くなっていきました。
中でも雨天時に暇になる「鳶職」が、祭の顔役としての外交的役割とあいまって、土木建築の営業をするようになり、手配師としても活躍しました。

参勤交代の大名行列の人員は、すべてが家来ではなく、「口入屋」を通して多くの臨時雇用者を使っていました。
映画「超高速!参勤交代」でも、中間(ちゅうげん)という日雇労働者が活用されていた様子が描かれています。

建築土木と港湾荷役は昔ながらの慣習が残っていて、現代の法で規定された労働者派遣と有料職業紹介では禁止業務とされています。
興味深いですね。

総務部 K

最近のブログはこちら
https://trust-family.careers/category/diary/

最近の体験談はこちら
https://trust-family.careers/experience/

—————————-
●トラスト求人サイトHP(TOP)
https://trust-family.careers/

●愛知・岐阜(東海エリア)求人情報
https://trust-family.careers/area/area-tokai/

●福岡・佐賀(九州エリア)求人情報
https://trust-family.careers/area/area-kyusyu/

●トラストコーポレーションサイトHP
http://www.trust-family.co.jp/
「岡崎 トラスト」で検索下さい!
—————————-

  • いいね!
  • つぶやく

記事一覧へ戻る